• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5102
  • 公開日時 : 2016/02/19 18:00
  • 印刷

特定の物件のデータがおかしい

回答

ディールサーチでは、住所などの情報をキーに複数のデータソースを参照することで、一部の項目を機械的に算出しています。土地坪単価など直感的に把握しやすい単位を使い、操作性を高めるための仕組みですが、以下のようなエラーが存在しますことをご了承ください。
 
・平均単価、1フロア平均面積などの数字が違う
機械的に算出しているので、持分売買など物件固有の条件により、ある程度エラーが混じることがある。
 
・リンク先記事の間違い
転売された物件の場合、1回目の取引の物件データが、2回目の取引の記事にリンクされているといったケースがある。また、間違いではないが、元記事の構成によっては、吹き出しの記事タイトルやサマリーに該当物件名が含まれていないケースがある。
 
・写真が違う
記事のなかに複数の物件が含まれるケースでは、物件が登場する順番により写真が入れ替わる可能性がある。
 
・ダウンロードしたデータの中の取引日付が同じ
元データが年月単位で記録されているため、日付については28日に統一して補完、正規化している。
 
また、法則性のあるエラーや入力ミスに起因すると思われる間違いが見つかった場合は、問い合わせフォームよりご指摘頂けると幸いです。データ内容の説明もご参照下さい。
 
<参考>